日本にいくつもある脱毛サロンの中で、ミュゼは老舗であり、全国にいくつも店舗を構える大手ともなっています。そのため、電車や街中の広告でも目に付くことが多く、これからミュゼに通ってみようと考える人も多くいるはずです。しかし、中には経営が不安定で倒産するといった噂も少なからずあるため、心配になっている人もいるかもしれません。ミュゼの倒産に関する噂は2015年にネットで広がり、多くの人を不安にさせたのは事実です。当時はミュゼの運営会社が経営危機に陥り、最終的には任意整理を行うことに決定してしまいます。ここで問題となるのがミュゼの方針ですが、継続することを決定して脱毛事業を子会社化して、従来通りの運営をすることになったのが過去の出来事です。現在は株式会社ミュゼプラチナムとして子会社化しており、親会社は経営支援をするだけに留まっています。売り上げは上向きとなっていて経営が不安定になることはなく、親会社も倒産はせず任意整理後はこれまで通りの営業を続けています。問題が起こる前までは親会社の意向による経営をしていましたが、現在はミュゼ独自の施策でサービスの向上などに努めています。つまり、過去の噂はその時点までのもので、現在は生まれ変わった脱毛サロンとして考える必要があります。口コミなども現在のものを拾っていけば、予約やサービスなど独自のものを取り入れ、脱毛サロンとして高い質を提供していると言えるでしょう。