脱毛サロンで行われる脱毛の方法は様々なものがありますが、ミュゼの脱毛ではクリーム、正しくいえばジェルを使って脱毛していきます。
これはミュゼの方法がスムーススキンコントロール方式、という方法で施術が行われるためです。
略してSSC方式と呼ばれるこの施術は、ジェルの上から光を当ててムダ毛を処理していく方法になります。
毛根にダメージを与えてムダ毛を処理するIPL方式とは異なる方法で、ジェルと光の作用によって肌にあまり負担をかけずに抑毛効果を得ることができます。
具体的な方法としては、抑毛効果のあるジェルをあらかじめ施術する部分に塗り、そこに光を照射することによってジェルに含まれるカプセルが弾けます。
カプセルの中に含まれている抑毛成分が毛穴の奥にまで浸透していき、その成分の効果によって良くもうできるという仕組みになっています。
一般的なIPL方式は熱によってダメージを与えていく方法で、熱エネルギーの熱を冷却するのに冷感クリームを使用されるのに対し、SSC方式は抑毛を目的に塗ります。
つまり、肌に塗る目的が異なります。近年では脱毛器自体の進化も加えて、塗るジェルの効果も高くなっています。
そのため、脱毛にかかる時間を短縮できたり、ジェルを塗ったことによる不快感を解消するなどの効果があることから、ストレスなくムダ毛を処理できるようになっています。
ただし、脱毛する前には自己処理が必要なのは変わっておらず、自己処理の時には除毛クリームなどで処理をすると施術が行えないため注意が必要です。